東京/品川区 女性のエレガントマナー、姿勢、所作、歩き方、メイク、骨格診断、パーソナルカラー
Close
Skip to content

人生の最後のライブを素敵なステージにしたい

立ち居振舞い&ウォーキングコース
看護師・ジャズヴォーカリスト おかのひろみ様


がんセンターの看護師をしながら、ジャズボーカルとしても活動しております。 昨年10月、大切なライブの前日に自分で乳がんを見つけてしまい、動揺する心を隠しながら、頑張って笑顔でライブを勤め上げました。その後、皆様に自分の病気を公表し、少しの間お休みをいただき、手術・放射線治療を終えて、現在、注射・内服治療を続けております。

この病気になってから、「きっとそのうち、自分の人生の最後のライブというのも、遠いものではないのかもしれないのだな」と思い、こんな私でも 最後くらいは もっと素敵なステージを皆様にお送りしたいと、自分に足りない、美しい立ち姿勢・歩き方・立ち振る舞い等をレッスンして下さるところはないものだろうかとネットで探していました。その時に出会ったのがELEGANTE のホームページでした。

いきなり申し込む勇気が出ず、最初は体験レッスンを受けさせていただきました。 一度先生にお会いして、レッスンしていただいて、ここなら間違いなく私のことを変えて下さる、私の思いを叶えてくださると思い、レッスンを継続させていただくことにしました。もし、迷っていらっしゃる方がいたら、ぜひ体験レッスンを受けてみて下さい。先生の優しさ、女性としての魅力、優雅さ、お会いするだけでも先生から沢山のことを学べると思います。

私は、猫背、引っ込み思案、自信がないというのが姿勢にとても出てしまうので、それを頑張って直しています。立ち姿勢だけでなく、先生のレッスンを受け、人生観さえも変わった気がしています。まだまだ姿勢は悪いのですが、現在の進行状況としては、背中の無駄な脂肪が減ってきて、少しすっきりしてきました。そして、なかなか細くならずに悩んでいた太ももも、姿勢を変えて歩き方を変えることで、自然と細くなってきました。

いつも看護の仕事ではナースシューズを履いているので、ステージの時のハイヒールがとても苦手だったのですが、不思議なことに今ではペタンコな靴では疲れてしまい、ヒールの方が歩くのが楽になってきました。仕事柄、腰痛持ちなので、ヒールは一生無理なんだろうと思っていたのですが、今はヒールの方が楽に感じるのです。本当にこれにはびっくりしています。そして、日々悩まされている腰痛も、実は普段の姿勢もかなり悪影響を及ぼしているんだということも分かってきました。ずっと看護の仕事のせいにしてきましたが、普段の自分にもこんなに原因があると気づかせていただき、少しずつ腰痛も楽になってきています。

いつか先生に聞かれた質問…、「憧れの女性は女優さんなどでいますか?」「特に・・」とお答えしましたが、実は、あの時も、私の理想・尊敬する女性は余川先生、そう思っていたのです。私の人生で、この病気にあい、そしてその後、余川先生に出逢えたこと、これは私の人生の中の奇跡だと思っています。本当に感謝しています。 これからも、よろしくお願いいたします。

壊れそうなくらい繊細なのに底知れぬパワーを感じさせる圧倒的な歌唱力、ひろみさんのステージを目の前にして心が震え溢れる感動がとまりませんでした。“本物”だけが放つまぶしいくらいの輝き。同時にお教室とはまるで別人格なことにびっくり(笑)ひろみさんから頂いた過大な評価にはまだまだ追いつかない未熟者ですが、ご期待に恥じぬよう精進いたしますので、こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。 私もひろみさんに会えてよかった、心からそう思います。この出逢い、大切にしていきましょう。




おかのひろみ
6歳からクラッシックピアノを習い、音楽に親しむ。看護学生の頃、バンドボーカルとしてスカウトされ、作詞・作曲をしながらバンド活動を開始。のち、ジャズ店のマスターに声をかけられジャズの世界へ。高橋伸寿氏、亜樹山ロミ氏、平田康子氏、岸川恭子氏らに師事。2010年、日比谷公会堂「JAZZ DAY ボーカルコンテスト」にて グランプリ受賞。現在も看護師として病院勤務をしながら、ジャズヴォーカリストとして活動中。銀座シグナス、六本木サテンドールなど都内・埼玉でライブ活動中。また、埼玉のレストラン等でジャズライブコーディネーターとしても活動中。
ブログ:http://raphaie.cocolog-nifty.com/blog/

JR線・東急線・りんかい線 大井町駅下車徒歩3分
営業時間11:00~19:00